子供までも

カップを手に持つ女性

飼い犬の一件から、私は葛飾区の家事代行スタッフが一家の一員になったような感覚を抱いていました。旦那も彼女のことを気に入っていたのですが、4歳になったばかりの子供たちはまだ完全になついていませんでした。
ある日久しぶりに子供部屋に入ると、すでに使わなくなったおもちゃや絵本で部屋が大変なことになっていました。片づけたかったけども、家でやらなければならない仕事があったので、葛飾区の家事代行スタッフに頼むことにしました。
葛飾区の家事代行業では子供べやの片づけというプランがあるくらいには子供部屋の掃除については需要が高く、多くの方が子供部屋の片づけに利用しているようです。子供はかわいいのですが、部屋の片づけはどうしても面倒になりますので、こういったことを肩代わりしてくれる葛飾区の家事代行は本当に助かります。

子供部屋に入った家事代行スタッフは、子供たちに使うおもちゃを聞きながら、よく使うおもちゃは手前に、使わないおもちゃは奥の方に収納していき、あんなに散らかっていた子供部屋をすっきり片付けてくれました。
面倒な仕事が一つ片付いたのはうれしかったのですが、問題はこの一件以来子供たちがすっかり葛飾区の家事代行スタッフになついてしまい、今では母親である私よりも慕っているという状況です。
たしかに葛飾区の家事代行スタッフは、初対面の時から感じがよかったので、子供から好かれるのもわかりますし、それは喜ばしいことなのですが、愛犬も、子供たちもみんなあっちに行ってしまうので、なんだか寂しいような感覚を抱いています。
そのうち私の居場所がなくなるんじゃないのか…?という不安は感じなかったことにしておきます。